日本医史学会関西支部会則

第一条
本会は日本医史学会関西支部と称し、事務局を八尾市本町5−1−7田中外科医院内におく。

第二条
本会は医学、医療を中心とした歴史を調査、研究、研鑽するとともに、会員相互の親睦をはかることを目的とする。

第三条
本会は第二条の目的を達成するために、次の事業を行う。
  1. 例会(大会ともいう)、見学会、調査旅行等の開催
  2. 講演会、講習会、展示会等の主催、後援
  3. 専門医界、他団体との強力、交流
  4. 先哲、医人顕彰のための諸行事
  5. 会誌、資料集などの刊行
  6. その他、本会の目的に沿う事業
第四条
本会に入会しようとする者は支部長に届け出て、理事会の承認を得るものとするが、とりあえず事務局長に意思を告げることでもよいものとする。

第五条
会員は住所または勤務地の移動があった時、あるいは大会の意思ある時には支部長にその旨報告するものとする。

第六条
会員は所定の会費を納入するものとする。

第七条
本会の役員は次のとおりとする。
支部長一名、副支部長三名、監事二名、理事三名、事務局長一名。

第八条
支部長、監事は総会において選挙または推薦により選任する。

第九条
副支部長、理事、事務局長は支部長の指名により選任する。

第十条
支部長は本会を代表し、会務を統括する。

第十一条
副支部長は支部長を補佐し、支部長事故ある時はその職務を代行する。

第十二条
理事は会務を執行する。

第十三条
監事は会務を監査する。

第十四条
役員の任期は二年とするが、再任を妨げない。支部長のみ原則として再任を三期六年までとるする。

第十五条
本会に名誉支部長、名誉会員、顧問を置くことができる。各々理事会の議決を経て支部長が委嘱する。

第十六条
会議は定時総会、臨時総会および理事会とする。
定例総会は年一回これを開き、会務の報告、事業計画、予算の協議、決算・決議の承認、役員の選挙・推薦などを行う。その他必要と認めた時や会員の三分の一以上の要求があった時は開かなければならない。総会の議長はその総会において出席会員の中から選任する。理事会は必要に応じ、随時開くものとする。

第十七条
会議の議決は出席者の過半数をもって決する。

第十八条
本会の経費は会費、寄付金、及びその他の収入をもってあてる。

第十九条
本会の会計年度は毎年四月一日に始まり、翌年三月三十一日に終わる。

第二十条
既納の会費はこれを返納しない。

補足
  1. 本会は非営利学術集団であり、本来会員は道義的社会通念的巣お後理解に基づき活動するもので、敢えて細則をもうけない。
  2. 会則第三条の諸事業の運営に当たり理事会(別称執行部)が予め協議して決め事務局長が実行に移す。
    その経過、消息、結果などは総会・機関誌・支部便りなどにおいて報告される。諸般の最終決済は支部長が下し事務局長が運営上の補完をする。
入会手続き
第四条に基づいて取敢えず事務局長に入会の意思を示したのち、年度会費八千円を郵便振込みした後一切の手続きなく一般会員の資格を得る。年二回の支部例会の受付での支払いも可。

機関誌投稿
原則会員によるが、査読を経て非会員からも投稿可。投稿規定あり、毎号の機関誌に掲載。

日本医史学会関西支部 役員一覧
名誉支部長 長門谷 洋治
支部長    寺畑 喜朔
副支部長  中山 沃 ・ 中橋 彌光(一名欠員)
理事     奥澤 康正 ・ 田中 祐尾 ・ 八木 聖弥
監事     猪飼 祥夫 ・ 北小路 博央
事務局長  田中 祐尾

右役員人事は新理事及び新監事とも平成十七年六月十二日の総会において承認され、同日発効した。

連 絡 先
Fax 072-993-1237
E-mail 機関誌「 醫 譚 」に掲載
住所 〒581-0003 八尾市本町5-1-7 田中医院内 日本医史学会関西支部事務局


日本医史学会関西支部ホームページTOPへ